駐日パレスチナ常駐総代表部
HOME > パレスチナ国のプロフィール > パレスチナの街 > ラマッラ:パレスチナの花嫁
Palestinian Cities パレスチナの街
ラマッラ:パレスチナの花嫁

エルサレムの北16km、海抜900m、山沿い位置するラマッラは、その涼しい気候のために避暑地としてよく知られています。

 12世紀にフランスの十字軍がラマッラに砦を築き、アル・ティラと呼ばれる十字軍の塔が今も街から望むことが出来ます。

 現在のラマッラは1550年頃に人々の居住が始まりました。街の中心部には博物館、美術館、ギャラリー、劇場、公演、流行のレストランや賑やかなナイトライフなどが急速に広がり、ラマッラは国際的な都市へと発展しています。

Contact us
Copyright (c) 2004 General Mission of Palestine. All Rights Reserved.